メニュー

琵琶湖を望める物見櫓に屋根をかける! - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

琵琶湖を望める物見櫓に屋根をかける!

カテゴリ: モデル・建築 作成日:2017年11月07日(火) 最終更新日:2017年11月17日(金) 公開日:2017年11月07日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はいいお天気になりましたね。日中は気温も上昇し作業もはかどりました!

朝晩は冷え込むので体調管理みなさんお気をつけてくださいね!

 

さて、本日は滋賀県の現場に行ってきました。

午前中残りの建材の積み込み、搬入を終わらせた後は、物見櫓の作業です。

ここから作業をみんなで分担して行っていきます。

まずは物見櫓。以前完成したこの櫓ですが、デッキを大切にしたいという事で屋根をかけるお仕事を頂きました。

屋根がついているだけでデッキも腐りにくくなりますからね!また、屋根があると、雨の日でも使えるので使い勝手も広がりますね。

また、最近の台風は今までとは予想も出来ないほどの勢力があり今回近隣の物件でも屋根が飛ぶなど被害が多数ありました。

それを受けて、金物類でしっかりと固定しています。

櫓も、屋根をかけるということで軸組を追加したので通し柱とボルトでしっかり固定していきますよ!

 

では、写真で振り返っていきましょう!

 

 IMG 6123

本日の一枚目はこちら。

作業終わりのショットです。

ボルトで通し柱に固定し、垂木を流しました。

こちらの屋根にはポリカ平板クリアを施工する予定です。

 

IMG 6124

朝一番。残りの材料も天気の良い内に搬入しようということでさっと積み込み。

これで材料は揃いました。

IMG 6124

贅沢に平置きさせて頂いております。お客様の心遣いに感謝です。

IMG 6124

こちらは、離れのログハウスリフォームに伴い、化粧破風を制作しております。

既存ログの破風の形がこのようになっていたので、合わせていくのです。

IMG 6124

こちらが、既存のログの化粧破風です。

ちなみに、このログはカモノセログの施工ではありません。

IMG 6124

櫓の手すり子です。

屋根の躯体を設置した際に柱と少し干渉する箇所があり、現場で加工です。

IMG 6124

作業中ボキッといってしまいました笑

 

IMG 6124

ジャック部分がインパクトドライバに入った状態で根本から折れたので取り除けるか心配しましたがなんとか取れたので一安心です。

ひとまず、先輩のソケットを借りました。

IMG 6124

手前が屋根の躯体。

奥が櫓の通し柱です。

これをボルトで固定します。

IMG 6124

 

IMG 6124

化粧破風が仕上がり、塗装しました。

IMG 6124

離れの増築部分はまず、間柱から取り掛かっています。

IMG 6124

櫓に戻り、金物類の固定が出来たので垂木を流して行きます。

IMG 6124

 

IMG 6124

はい、これでOK!

IMG 6124

という事で、本日はこれにて作業終了です!

明日から3日、地元の中学生が職場体験にこられます。

その為、滋賀の現場はいったんはなれ、事務所で作業になります。次現場に行ったときは進んでるんだろうな・・・!ワクワク。

 

では、皆さんお仕事お疲れ様でした!

さようなら!

 

 
 
参照数: 42

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン