メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

北山杉長尺 P&Bログハウス 梁加工

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年07月20日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日も暑かったです!この一言につきますね~。

汗がどんどん吹き出てきます。起床してトイレいってそれから家に帰るまで一度もトイレ行かないですもんね。それだけ汗に変わっているようです。

話は変わって、世間では土用の丑の日ってことでまた店頭にうなぎが並んでいますね~。

ちなみに今年の夏は7月20日と8月1日と土用の丑の日になるようですよ。今日食べれなくてまた8月があります。

 

さて、今日も工場でログハウスの加工でした。

11mほどの北山杉を使用してログハウスの梁を加工していきます。

まずは、皮むき(ピーリング)です。これがまた暑いのです。

P&Bログの場合 2段組むので長尺が4本必要です。

全部皮を剥ききったら墨付け。

今回背割れの入った北山杉を使用するので背割れ位置をうまいぐあいに外壁側に振ることで対処しました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

9

ずっど~んと長いです。

北山杉です。11mありますよ。まずは、こちらの皮を剥いていきます。

9

曲面カンナでさ~っと剥いていきます。

9

今回は背割れの入ったものを使用します。

9

先日製材所にあずけた桧の柱材。

残りの柱が製材し終わったので引き取りにきました。

9

おお!!!!!!

 

って、若干詐欺まがいですが。

 

お昼に隣のスーパーに弁当買いにいったら、

 

「うなぎあるやん!」

 

って、なったんですが、すぐ商品のしたに さんまの蒲焼丼と書いてありました。

よく見たらさんま!

と、ちょっと裏切られたような感じしますが、僕は個人経営の田舎のスーパーの良さをまた感じてキュンとしましたね笑

タレがうまくて美味しかったです!

うなぎじゃなくてもさんまもうまい!と思わせてくれました。

 

9

お昼からは、うなぎパワーで、いや、さんまパワーで頑張りました。

これだけ長いとチェンソーで横引きも大変です。

9

カンナで表面を仕上げて次の段階に移ります。

9

ええ迫力です。

ほんでもってリモコンのホイスト・クレーン。ほんまにこれ最高に使い勝手良いです。

9

掃除をして今日が終わりました。

 

今日もみなさんお仕事お疲れ様でした!!

 

では、さようなら~!

 

 

北山 天然の桧 ログハウス 柱加工

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年07月19日(木)

皆さんお疲れ様です!
京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日も猛暑!毎日、猛暑!大変でございます。暑すぎです。

今日の京都の最高気温は38.3度(気象庁にのってました)ということでした。また誰か倒れたんちゃうかな~とか思ってしまいます。

 

さて、本日も工場でログハウス躯体の加工!

桧の柱は迫力の8寸! 24cm!大きな柱ですよ~!

今日で柱4本加工できました。

図面の計算上加工できるのはここまでで、ここからは工場でログ二段分を組んでいきます。

丸太の大きさを見ながら組んでいくため図面上では測定できないんですよね。木を見て適当に加工し、高さを決めます。

これでやっと残りの柱が刻めるというわけです。

 

では、今日の写真行きましょう!

 

7

自然に生えた木、天然木。北山でそだった桧でございます。

さーっと表面をカンナあてるときれいに光ります。

7

幅は迫力の8寸!24cmあります。

手前の木の小口(端)の加工は土台のホゾが入ってくるのでこのように加工しています。

いや、年輪きれいやな~と関心です。

7

こんな感じでホゾをつけています。

7

外部にでてくるところ。

木の表面をペーパーをあてて少し削ってやります。

勿体無い気もしますが、実は重要なことです。

木を保護するためにも外部用の塗料を使用するのですが、この塗料が水圧で剥いた状態のツルンとした表面では塗料ののりが悪くなります。

浸透しにくいのでペーパーをあてて傷をつけ、表面積を増やしてあげます。

重要な工程です。

7

二人でどんどん加工します。ええペースで二人で4本加工できました。

どんなもんじゃい。

7

いよいよ、ログ二段分を組んでいきますよ。

とりあえずお片付け。

7

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

今日もクタクタ。かえってビールがぶ飲みします。

では、皆さんもお仕事お疲れ様でした!

 

さようなら!

 

 

北山杉 ログハウス 棟木の加工

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年07月18日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

熱中症大丈夫ですか?みなさん気づいていないうちに軽度の熱中症状態になっているのではないでしょうか。

水分補給大事ですが水だけでは駄目なようなので熱中症対策用の飲料水を飲みたいものですね。

 

さて、今日も工場でログハウス加工です。

母屋の加工が終わり、棟木の加工に取りかかりました。

一番家の高いところに来る木です。

また、製材所へ見送った桧の柱もひきおわったようで取りに行きました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

8

昨日加工した母屋。

最後に防虫防腐材を塗布します。

染み込んで濃くなっているのがわかりますか?

透明なので乾くと白木そのままの風合いですよ。

8

そして墨付けし、加工しているのは棟木です。

丸太がなにせ大きいので馬に乗せるとすごい迫力になります。

8

製材所に送り出した桧の柱たちが帰ってきました。

墨通りに挽いてもらってます。

8

製材機でカットしたままだと木の肌が荒い状態なので、工場できちんと仕上げます。

カンナをあてて表面を整えている写真です。

8

母屋たちが揃ってきました。

あとは棟木だけ!

8

3時の休憩。

もうヘトヘトです。すぐ近くにあるスーパーへ行ってガリガリ君購入。

安定してあたりは出ませんが、クールダウンにはもってこいです。

うまかった~

8

休憩して頑張って加工再開。

棟木も加工終えました!

8

今日はこれにて作業終了です。

 

みなさんお仕事お疲れ様でした!

 

では、さようなら~!

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン