メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

「見積もりな日・基礎工事の続き」

カテゴリ: 南丹市日吉町 M邸 別荘新築工事  作成日:2019年07月26日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は夕立しませんでしたね!なんでだろう!台風が来ている?ん?ほんとに来るのでしょうか!

 

さて、本日は僕は事務所にこもって見積もり作業!ん~見積もりは難しいですね!

日吉の新築現場では今日も引き続き基礎工事の作業を行っていました。

現場に行ってくれたスタッフに写真を撮ってきてもらったのでそちらをブログにアップしたいと思います!

 

今日は掘方の続きをして、砕石を敷き均し、その上に防湿用のシートをかぶせました。

そして、配筋と型枠を組むために捨てコンとよばれる打設を行うために型枠をいれました!

この捨てコンをすることで、基準墨が打てるように、型枠が固定できるようになります。

これも重要な作業です!

明日は天気が悪いようなので月曜日に打設を行います。

 

では、写真で振り返っていきましょう!

3s

ちょっと写真が一気に進んでますがご了承ください。

地盤改良で打った杭をめがけて重機で掘っていきます。

掘方が終わったので、つづいてレベルを出すために砕石を敷き均し、転圧します。

 

3s

捨てコンの型枠もいれて準備ととのってます。

捨てコンは土に埋まって見えてこないので型枠まで入れなくてもいいのですが、見た目も綺麗だしカモノセログではこうやってます。

3s

土間の防湿防水シートをかぶせて基礎の下準備としては完成しました。

週明けに捨てコンを打って、次の日に配筋をして、その次の日には配筋の検査を受けます。

ということで、本日はこれにて作業終了です!

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

「基礎工事開始 丁張りから」

カテゴリ: 南丹市日吉町 M邸 別荘新築工事  作成日:2019年07月25日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

毎日毎日、夕立ひどいですね~!涼しくなっていいんですが・・・

 

さて、本日も日吉町の現場で作業していました。

昨日、地盤改良が終わり今日から基礎工事に取り掛かっています。

まずは、丁張りから。

基礎の位置、高さ関係を知ることができる、土木工事においてとっても重要な丁張りという作業です。

空中に基準をだして、そこから高さをおっていけるという考えた人すごいやつです。

 

丁張りが終わったら、基礎をつくために土を掘っていきます。

地面から出ている基礎だけが基礎でなくて、ちゃんと地面の下にまで入っているんですよ。

 

では、写真で振り返っていきましょう!

5

期待の新人さん初の現場作業日!

僕と社長と新人さんとで丁張り作業しました。

5

水糸を張って基礎の位置だとか、高さだとかを見ることができます。

ほんとすぐれたやり方です。

5

続いて、位置が決まったので掘削していきます。

 

5

 

5

地盤改良のときに打った杭がみえました。

この杭を目印に掘方を進めていくんです。

 

僕は先に事務所に戻ったのでこれ以降の写真がありません。ごめんなさい。

明日も引き続き基礎工事行います。

 

僕は、事務所で見積もり作業・・・

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

では、また明日!

 

 

「本日は地盤改良の日!」

カテゴリ: 南丹市日吉町 M邸 別荘新築工事  作成日:2019年07月24日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はひどい夕立でした!あの短期間でよくもこんなに降るね!!というくらい、瞬間的豪雨でしたね!

 

さて、本日は地盤改良の日でした!

夕方から雨模様でしたが、朝一番から工事を行って夕立までには仕事を終えることができました!

地盤改良自体は、地盤改良屋さんに委託しておこないます。カモノセログからは僕と社長とが監督と、改良に使用する水の手配を行っていました。柱状改良にしようする専用の重機を乗り入れて、杭をうってぐりぐりと掘っていくのです。支持層まで掘れたら次は、逆転させてその際にセメントと水を合わせたものを吹き出し、土と混ぜてセメントの柱を地中に作るのです。

 

では、写真で振り返っていきましょう!

12

朝一番でまずは重機の乗り入れ!

12

こいつが柱状改良に使用する転用の重機!いかついです!

 

12

運搬時にはこの空に伸びた腕は倒しています。

そして現場におろすとこの腕が起き上がってこんな形状になるんですよ。

12

ポイントを出して、そこにぐりぐりと回転させて杭をうっていきます。

12

こんな感じで支持層までぐりぐりほります。

12

次に逆転させてそこにセメントを吹き出していきます。

12

そうするとこんな感じにセメントの柱が出来上がります。

12

工事の途中、おおきな工作物が地面から出てきました。

杭を打つにもおおきなコンクリートのかたまりがあったのでユンボを使って掘り起こしました。

12

杭打ちをいったんストップしてコンクリートの埋設物を掘り起こします!

12

こんな大きなものがごろごろと入っていました。

昔は土を埋め立てるときにこのようなものが入っているのも珍しくありません。

コンクリガラならまだしも、ちょっとサイズ大き目でした!

なんとか重機で片付いたので良かったです!作業続行!

12

杭の天場は最後は手によってならします。

きれいに打ってもらいました!さすが!

12

こんな感じで家が建つところにたくさん杭をうって完成です!

この後、地ならしをして引き上げました!

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

明日は、引き続きこちらの現場にはいり基礎工事の段取りに入ります!

 

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン