メニュー

「本物のログハウスを建てる!間仕切り壁おこし・遮熱シート」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!間仕切り壁おこし・遮熱シート」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年11月06日(火) 最終更新日:2018年11月06日(火) 公開日:2018年11月06日(火)

みなさん、こんばんは!京都でおしゃれな注文住宅を建てる工務店、カモノセログ のたっちゃんです!

今日もええお天気になりました!今週は暖かいようですね!もう、下もインナーを履いているのですが日中は暑くて脱ぎたいくらいです。着るのまだ早かったかな?笑

 

 

さて、本日も引き続き八幡でログハウスの作業を行いました。

今日は、間仕切り壁の下地作業をメインに行いました。間柱を使って部屋を区切っていく作業です。

また、今日から外壁の作業も行っていて、サイディング屋さんに来てもらい、まず遮熱シートの施工を行ってもらっています。

 

では、写真で見ていきましょう。

 

C2D865B6 3A8E 47F6 8778 7005922D4230 509d1

こちら、トイレになる所です。

柱を入れて、間柱を建てて下地を作っていきます。

9DE711BE 4A4E 44BA 8C34 C0D81D0D7523 f1bd7

このように下地を作りました。

正面の開口部分に建具が入ります。

7785CF6F 9E8C 4A44 9C7A 14A45231617F 78413

耐力壁となる箇所へは優先的に作業を行います。

これは、検査があるためです。

スムーズに現場作業をおこなえるように、監査の日程が上手くいくように作業を考えます。

9355F087 2D4E 4192 9F0A 77DC397453F4 bc354

ここには、ユニットバス、お風呂がきます。

ここは先に壁を仕上げないとユニットバスを施工出来ないのでこのように断熱を先行します。

E6B2D53A 617C 4209 A599 230F1F5C26AF 028c8

今日から、サイディング屋さんに入ってもらってます。

まずは、遮熱シートを施工。

防水透湿で遮熱もする優れもの。

266E5444 DC1F 408F AA30 386EF3D6CAD0 d2fa9

塚本部長も現場で作業。

床合板の下に、断熱を打ち付けています。

E33E477B 58E2 4E17 A50D A551E34C50AD 4981b

このように、分厚い断熱を充填します。

 

今日は、用事のため早退しました。

これにて作業終了です。

朝から少し現場を離れて工場で作業となります。

 

みなさんお仕事お疲れ様でした!

参照数: 48

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン