メニュー

「小屋梁の加工!天井材を飲み込ませる!」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「小屋梁の加工!天井材を飲み込ませる!」

カテゴリ: 京都 京北 そば屋さん「京蕪庵」新店舗工事 作成日:2019年03月08日(金) 最終更新日:2019年03月08日(金) 公開日:2019年03月08日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はまた寒かったですね~!風もふくし、工場作業辛かったです!

 

さて、本日も工場にこもって躯体加工です!

今日はというと、タイトルにもありますが、丸太梁への加工をメインに作業していました!

天井材に面材を貼るのですが、梁にちょうどあたってきます。

そのため面材が飲み込ませて貼れるように丸太に加工をするのです。

これが、すきっとした納まり、見た目に仕上がるわけです。

そして、垂木のいちに丸太を設定しているので、垂木がかかる部分への加工も行いました!

 

では、写真で振り返っていきましょう!

6

小屋梁をカットしていきます。

垂木の下場、のラインを丸太に写し出して、チェンソーでぶった切ります。

といっても溝をつくイメージです。

6

そして、ノミでちょちょっと突いてやって仕上げていきます。

6

そして、垂木がちょうど梁にあたってくるので垂木が乗るように勾配をとってやります。

6

こういった具合に垂木がかかります。

6

 

6

ほかの梁の個所もどうように溝をついて、垂木を掛けていきます。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

 

 

 

参照数: 213

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン