メニュー

「本物のログハウスを建てる!サッシ到着!サッシ入れ!」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!サッシ到着!サッシ入れ!」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年11月05日(月) 最終更新日:2018年11月05日(月) 公開日:2018年11月05日(月)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

さて、今週も始まりました!張り切っていきましょう!!

また風邪が流行ってきているみたいなのでしっかり体調管理していきたいところであります。はい。

昨日は、二年ほど乗った愛車のバルカン君とのお別れでした。購入した亀岡のレッドバロンで査定してもらって3万!

まぁ予想はしていました。楽しかったバイクです。いままでありがとう。

 

さて、本日は八幡のP&Bログハウスの現場で作業してきました!

今日はサッシが現場入り!ということで、サッシ入れをメインに作業となります。

明日から、外壁のサイディング屋さんに来てもらうのでサッシをこのタイミングで入れておけばベスト!ってなわけです。

窓台に防水シートをはってから、サッシ枠をいれて固定していきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

9

現場にサッシが到着しました。

まず現場に、枠が届きます。そして、次にサッシの障子が届くんです。

9

こんな感じで、窓台にシートを貼ってからサッシ枠を収めます。

9

サッシ枠はすぐに完了!これで、明日からのサイディングやさんの段取りもOK!

9

床合板を指定の75mmの釘を使用して固定していきます。

こんなにも大きな鉄砲を使って一発で打ち込みます。

空気の力ってすごいです。

9

バスバスバスバス打っていきます。

9

そして、天井への断熱材の前に、遮熱パネルという建材をはります。

天井とこのパネルの間を空気が登るという仕組みです。

9

こうやってタッカーで固定していきます。

9

あと少し残りました。

9

間仕切り壁の下地を作ったりと現場で作業を行っています。

 

今日はこれにて作業終了です。

引き続き明日も現場へ入ります。

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

では、さようなら!

 

 

 

参照数: 41

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン