メニュー

「本物のログハウスを建てる!建前の翌日・足場設置」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!建前の翌日・足場設置」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月31日(水) 最終更新日:2018年10月31日(水) 公開日:2018年10月31日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は一段と冷え込みましたね~ 日中作業中も着込まないと寒いくらいでした。

どんどん、冬が近づく~!!!!

 

さて、本日もP&Bログハウスの現場に入っておりました。

建前の翌日ということで、早速今日は足場屋さんに足場設置を行ってもらいました。

狭所地での足場設置ということで、近隣の住宅にハングさせるようにして足場を組むことになります。

狭いところは何かと大変です。その分、コストが上がってしまうわけです。

小さいから安いというよりも、小さいから割高になってしまうのが現状です・・・・

 

今日は、足場屋さんの邪魔にならないように、間柱を入れました。

工場で番付けしたものをそのとおりに組んでいきます。

そして、屋根の足場ができたので、もう片面の急勾配の屋根も垂木を組み、ルーフィングまで終えました。

屋根が斜めに折れているので垂木も複雑にカットしなくてはなりません。

 

では、写真で振り返っていきましょう。 

13

工場で組んでいた時の写真です。

写真に番号をふっておいたので組むのも間違いありません。

13

この束が妻壁ぶんの間柱です。

13

 

13

1人で、お昼までに作業完了!プレカットはやい。

13

足場屋さん、到着。

狭いので工夫しながら足場設置してもらいます。

13

メッシュシートもして足場完成!

13

お隣さんとの隙間ほぼなし!

13

裏側はこのようになっています。

作業できる最小のスペースの足場。

13

軒先の合板も足場ができたのではることができました。

13

反対面の急勾配の屋根もルーフィングまでできました。

13

こちらの面は斜めに両端をカットするのです。

13

少し複雑な多角形の屋根になりました。

これが結構手間なんです。

13

今日もめいいっぱい作業して終わり!そとはすっかり真っ暗。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

 

 

参照数: 48

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン