メニュー

古民家 床下地 サッシ取り替え - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

古民家 床下地 サッシ取り替え

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月07日(木) 最終更新日:2018年06月07日(木) 公開日:2018年06月07日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はお天気回復でしたね。ですが少し蒸し暑くなりました。

梅雨に入りましたが、この季節結婚シーズンでもありますね。

ジューンブライドってやつです。

高校時代の友達が実は今週末結婚だそうで、昨日遅くにlineきました。

僕は式場には呼ばれてませんが、報告ってことでlineです。高校時代はよく遊んでましたが。卒業後ほとんど会うことがなかったんですが、こうしてメッセージくれました。

報告が式の3日前だったんですが、花でも贈ろうと花キューピットで依頼しときました。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

引き続き、床の下地を作っています。

北縁の床下地を終え、キッチン周りの床下地を作っていきます。

また、サッシの入れ替えも行っていきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

北縁の床下地続きです。

寸三を打って、間に断熱材を敷きつめました

11

こんな感じです。

11

合板でふさいで下地完成。

つづいて、既存サッシを交換するため解体撤去します。

11

外部の壁をカットしてサッシを取り除きます。

11

こちらが新しいサッシ枠です、これを取り付けていきます。

IMG 8505

サッシ枠取付中です。

床板がアングルピースに収まるように設定をすることで、きれいにサッシに床が差し込んだ形で仕上げることができます。

北縁の床下地が終わったのでこちらの床下地を進めていきます。

11

こちらも既存床がしっかりしているのでこの上から木地を足していきます。

おいているのは、77mmに分合わせした杉材。

これを大引きとして使用します。

11

そして井桁に根太を尺ピッチで転ばします。

11

そして、断熱材を敷き詰めていきます。

IMG 8504

そのあと、合板で捨て貼りです。

11

既存お風呂場の解体も始めます。

11

今日のお客さんにいただいたシリーズ。

ガリガリ君です。

メロンソーダ出てるんですね。

当たり期待しましたが、案の定 はずれです。

そう簡単には当たりませんよね笑

 

本日はこれにて作業終了です。

 

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

参照数: 194

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン